13-278号 仮入部期間です

今年の新入生の学年色はブルーです。この写真は職員入口付近を撮影したものですが、いたるところにブルーがあふれていました。

部活動は、高校生にとってとても大切な活動だと思います。私も以前、部活動を担当していました。卒業生と会う機会も多いのですが、ほぼ100%の部員が、「在学中に辞めようと思った」と言います。しかし、100%の部員が「続けて本当に良かった」といいます。好きなことをやろうと集まった集団です。だからこそ意見が合わなかったり、衝突したりすることもありますが、そういっためんどくさいことが人間を成長させます。また何歳になってもつながり続けます。

是非、様々な部活に飛び込んでみてください。

13-277号 新勧(運動部編②)

運動部編②のトップバターは 女子バレー部
女子バレー部は少人数ながら頑張っています。是非入部して盛り上げてください。
男子サッカー部
茨西の卒業生にはプロのサッカー選手もいます。君たちも夢をカタチにするために頑張ってみませんか?

女子サッカー部
女子のサッカー部はハッキリ言って珍しいです。卒業した先輩の中には「南海キャンディーズ」のしずちゃんもいます。初心者大歓迎、よろしくお願いします。
陸上部
走跳投 さまざまな種目の中で、自分にマッチした種目をみつけ、自分自身の記録にチャレンジしてみませんか?

次のラグビー部は熱く語りたい!!

今年2019年、ラグビーワールドカップ日本大会が開催されるのです。ラグビーのワールドカップは夏のオリンピック、サッカーワールドカップとならぶ、世界三大スポーツイベントの一つなんです。大阪でも高校ラグビーの聖地『花園ラグビー場』が会場となり、アメリカ・イタリア・アルゼンチンなどが対戦する4試合が行われます。その他、大阪を含め、北海道・岩手・埼玉・東京・神奈川・静岡・愛知・兵庫・福岡・熊本・大分の計12会場周辺では、徐々に盛り上がりを見せています。是非、世界を知る機会になったらいいなぁと思っています。

ラグビー部
コンタクトバックにあたって相手をはね飛ばしながら前進します。
ラグビー部は、北摂つばさ・刀根山・山田・淀川清流などの公立高校と、大阪学院・太成学院等の私立、計7チームの合同チームです。いろいろな高校生との交流の中で、人間の幅も広げることができますし、様々な体験ができるはずです。 初心者大歓迎 是非入部のお願いします。
水泳部
分かりにくいですが、ブルーシートを水に見立てて、後ろではバタフライをしている生徒が居ます。生徒会長も入っており、他のクラブと兼部しているそうです。
最後は、男子ソフトボール部
最近、急速に力をつけてきました。他府県の強豪とも交流しており、近畿大会出場が最も近いクラブのひとつです。特に茨西には野球部がありませんので、野球経験者、是非ソフトボールで君の力を発揮してくれ!!

13-276号 新勧(運動部編①)

運動部編 トップバッターは男女硬式テニス部
女子部が人数が少なくピンチだそうです。是非入部をお願いします。
二番手は、軟式テニス部
前年度は良く健闘し、なかなかの成績を収めていました。よろしくお願いします。
卓球部
卓球部も頑張っています。前々年度は近畿大会出場が目の前まで来ていたのですが・・・
新入生の活躍に期待します。
男女のバドミントン部
茨西でも人気の部活です。よろしくお願いします。
男子バスケットボール部
通称 Blue Scorpion(ブルースコーピオン)青いサソリ
かっこいいですね
女子バスケットボール部
舞台ではダンクシュート決めていました(笑) 今年の新入生は経験者がたくさんいるようです。是非入部して盛り上げてください。
男子バレー部
ハッキリ言って強いです。もうすぐ近畿大会に出場してくれると信じています。

13-275号 新勧(文化部編)

文化部編の第2弾は 舞台での紹介だけのものです。

会場内の様子です。新入生達も楽しみながら部活紹介を見ていました。
全員に何かしらの部活に所属してです。
悩むことも多いですが、得るものはそれを数倍上回る人生の財産となるはずです
是非 これまで頑張ってきたことや新しいことにチャレンジしてください。
先ずは美術部です
美術部の作品は、校内の廊下や階段などにも展示しています。来校の際は、是非楽しんでください。また近隣の文化展にも出品展示されています。
茶道部です
茶道は外部の先生に来て頂いているので、基本的に週一回となります。当然兼部も可能です。
家庭科クラブ
実は、家庭科クラブは料理だけでなく、本当に様々なことに取り組んでいるんです。
何かというと それは入部後のお楽しみに
イラストレーション部
個々で楽しむだけでなく、文化祭や海外留学生との交流等で活躍しています。

放送部
行事等での手伝いだけでなく、お昼の放送などでみんなを楽しませてくれています。
情報処理部
PCを使ってプログラミングなど様々なことに取り組んでします。
他の部活との兼部も多いようです。

13-274号 新勧(文化部パフォーマンス編)

本日、午後に新集成歓迎会が行われました。

写真の枚数が多くなりますので4回に分けてアップします。

入り口で花道をつくるクラブ員たち 新入生には手を触れないでくださいね(笑)
先ずは吹奏楽部の演奏です。
先日、茨木市の合同演奏会での演奏は素晴らしかったそうです。
また入学式の入退場の演奏と校歌演奏等 この時期大活躍です。
フォークソング部
三つのグループの演奏がありましたが、最初のグループをアップしました。どのグループも心が現れるような歌声とギターでした。
弦楽アンサンブル部
地域でも珍しい部活動です。初心者大歓迎だそうです。あなたもチャレンジしてみませんか?
軽音楽部
二つのグループが演奏してくれましたが、どちらもパワフルで元気をもらいました。とくにドラムスのカロリー消費は半端ではないと思いましたよ。
ダンス部
いくつものグループのダンスが披露されましたが 最初のグループをアップさせてもらいました。ダンス部は様々な交流シーンで大活躍してくれます。
パフォーマンス編の最後は書道同好会です。
書道部は、文化や近くにあります大型商業施設でのパフォーマンスに参加しています。
今日の司会進行を務めてくれた生徒会執行部の面々です。

13-273号 通学安全指導

本日、冷たい雨の中、今年度はじめての通学安全指導が実施されました。

朝早くから、警察、市役所、地域の方々、府議会および市議会議員様をはじめ多くの方々にご参加いただきました。

私が、茨木西に赴任して4年目となりますが、通学安全指導では初めての雨となりました。

天気の良い日には見えてこない問題点が見えてくるかもしれません。

傘さし運転を危惧していましたが、ほぼ100%に近い生徒がカッパを着用していました。歩行者・自転車・車がお互いに視界の悪い中、やはり危なさを感じる場面も見受けられました。普段から余裕を持って登校するようにしましょう。

本日、冷たい雨の中、指導に協力いただいた皆様に、心より感謝いたします。ありがとうございました。

13-272号 離任式

出席いただいた3名の先生方

春は出会いと別れの季節です。 今年度、非常に残念ではありますが11名の教職員が異動ならびに退職されました。 先生方の今後のご活躍を祈念すると共に、先生方が築いてこられた茨木西の歴史を発展させること、そして何より生徒諸君が それぞれの夢をカタチにすることが お世話になった先生方への恩返しになると考えます。

本当にありがとうございました。

13-271号 44期生入学

満開の桜の下 第44回入学式が挙行されました

大阪府立茨木西高等学校 第44回入学式式辞

 280名の新入生の皆さん また ご列席いただきました保護者の皆さま ご入学おめでとうございます。 春爛漫 満開の桜の下 穏やかな空気につつまれるこのよき日に 茨木西高校へ ようこそいらっしゃいました。 新入生の皆さん 皆さんはこれから始まる高校生活への期待と不安 そして喜びと緊張で胸が高鳴っていることでしょう。 私たち教職員もまた 夢に向かって歩み始める 皆さんの思いをカタチにするために共に歩んでいく所存です。

  入学された皆さんに私から一つの統計を紹介します。去る3月20日 国連が定める「世界幸福デー」に世界の幸福度を順位づけた2019年度の報告書が公表されました。 国連が毎年156の国や地域を対象に各国で約1000人に対して人口あたりのGDPや健康寿命などの項目について出した10点満点の平均値からランキングされていきます。 2019年度 1位はフィンランド 2位デンマーク 3位ノルウェーと北欧諸国が続きます。 日本は58位しかも前年度から4つ順位を落としてしまいました。 日本より上位の国の中には 宗教の制限が厳しく女子の学校でのスポーツが禁止されている国や 治安が悪く麻薬がはびこっている国もあります。 安全な空気と水と食べ物があり 誰もが病院に行け 時間通りに電車が到着する。 そんな日本がなぜ58位なのでしょうか? 確かに調査自体 個々の幸せに対する価値観 文化や思想の違いなど 幸福度を数値化して順位づけすることはナンセンスなことかもしれません。 しかし質問項目の中で 横とのつながりをしめす「社会的支援」 「人生の選択の自由度」や ボランティアなどの 「周囲への寛容さ」といった数値化しにくい 『心』や『人とのつながり』に関する三つの項目でポイントを落としている点が気になります。

 では幸せになるためには何をすべきなのでしょうか? この調査に協力しているイギリスのリチャード・レイヤード教授が挙げた成功の秘訣の中から三つ 茨木西高校で新たなスタートを切る君達に紹介したいと思います。 まず第一に「自分を大切にして下さい」  「自分を大切にするなんて当たり前だ」「誰でもやっている」と思うかもしれませんが 中高生を見ているとそうとばかりは言えない気がします。 周囲に気を使いすぎて自分の心や体を傷つけてしまったり やけになって自分を見失ったりもします。 逆に調子に乗って自分の未来を傷つけてしまうこともあります。 何か行動を起こす時 それが本当に自分を大切にした行為なのか 真剣に考える必要があるのです。 二つ目は「まわりの人を大切にしてください」です。 まわりの人がつらい思いをしている中 自分だけが幸せになれることはありません。 まわりの人の苦しみは自分を悩まします。 まわりの人の喜びは自分を笑顔にします。 大勢の人を笑顔にすることは難しいかもしれませんが 家族や友人など自分の身近にいる人を大切にして そこから幸せの輪を広げていくことはできるはずです。 そして 最後は「他人と比べない」ということです。 幸せを感じることのできない人の多くは他人と比較ばかりしている人のようです。 イギリスの冒険家ラポックは「他人と比較して他人が自分より優れていたとしてもそれは恥ではない しかし去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。」と語っています。 他人との比較ではなく 自分自身の成長 今日の自分より明日の自分 1年後そして3年後の自分を誇れるようでありたい。 それが大切なのです。

 これからの学校生活で皆さんは多くのことを体験します。 茨木西での高校生活は楽しいことがたくさん待っているはずです。 しかし そうでないことも当然あります。 その時 今日お話しした三つのことを思い出してください。 「その行為が自分の心や体を傷つけてはいないか」 「まわりの人に本当に素直なやさしさで接しているのか」 「他人との比較という 終わりの無い葛藤で悩み苦しんではいないか」 たいがいのことは これで乗り切れるはずです。 みんなで この茨木西高校で 幸せになる力を身につけられるよう共に歩んでいきましょう。

 保護者の皆さま方におかれましても 今日こうして茨木西高校の門をくぐられた お子様に対して ご自身やご家族 お子様の幸せについて お話しいただければ幸いです。 私たち教職員も子どもたちが安心して過ごせる環境を守り それぞれの幸せの実現に向き合ってまいります。

 最後になりましたが 本日は 学校運営協議会委員様 地元中学校長ならびにご代表様 PTA会長様 地域交流協議会委員様をはじめ 多くのご来賓の方々にご臨席を賜りました 平素より この茨木西高校に かわらぬご理解とご支援を注いでいただき 本日また錦上花を添えていただきました。 心より感謝申し上げ 式辞の結びといたします。

       平成31年4月8日  大阪府立茨木西高等学校  校長 中 山 哲 也

13-270号 合格者説明会

合格者発表の午後は合格者説明会です。

茨木西高校では、サイネージやカメラによるライブ映像、書画カメラの利用等、皆さんに分かりやすく説明するためにICTを有効利用しています。

説明会の後は、物品購入などで大変な一日になりますが、よろしくお願いいたします。

13-269号 合格者発表

本日、3月19日 10:00 茨木西高校の合格者発表のワンシーンです。先日、41期生を送り出し、新たに44期生280名を迎えることができました。毎年、同じシーンを繰り返し見てきましたが、いつもあふれる歓声に新たな気持ちにさせられます。われわれ教職員も、振返りの仲、茨木西の教育活動を充実していかなければなりません。

ようこそ、TEAM IBANISHI

君たち一人ひとり 〝カタチに〟 します。